GLP1.com: GLP1ダイエットプラクティス & Diabetisty

業界最高水準、業界最安値で良心的価格。乗換も同額。3本8万円。4本10万円。No1糖尿病専門医。Web診療。無料相談。慶応大学医学部卒。

GLP-1はもちろんのこと、糖尿病や内分泌代謝の治療を熟知した、糖尿病専門医が、肥満治療を実践します。

オムライスの食べ方


糖尿病ドクターが教える!!ダイエット中の外食メニューの食べ方『オムライス』編



https://youtu.be/FGde82su6w0



GLP1.comダイエットプラクティスチャンネルをご覧の皆さん、院長の鈴木です。
ダイエットのための外食カロリーBOOKの解説を致します。
健康的なダイエットライフを送っていただければ幸いです。



🍽🍽🍽🍽🍽 『オムライス』の食べ方 1200Kcakl 🍽🍽🍽🍽🍽


🍽ケチャップライスは1/2食べ、それ以外はすべて食べます。
🍽ケチャップライスはトマトケチャップで味付けした炒めご飯。
 これだけで580Kcalもあります。
🍽総エネルギーがかなり高くなっていますので、指示に従って残せばエネルギーは
 調節できます。




チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCiryAnoEBo_gxCnJHFxEr9w?sub_confirmation=1


院長やナースのブログはこちら
https://glp1diet.muragon.com/


サクセンダについての詳細を画像でお知りになりたい方は
こちらのサイトもご覧ください。
https://www.glp1.diet/




マクドナルドの監修?医師

Quoraからの引用です。

マクドナルドは健康に悪いですか? - Quora


以前、映画スーパーサイズミーがアメリカから日本に上陸した時には、私は、マクドナルド社の「顧問医師」だったか「監修医師」だったか、役職名は忘れましたが、なんらかの責任医師になったことがあります。


マックは、コーラとポテトチップスを食べなければ「健康食」です。
ハンバーバー自体は「健康食」です。


でも、子供達は、マクドナルドは、ポテトチップ屋さんだとばかり、想っているそうです。だから健康に悪いという印象をもたれているだけです。


映画スーパーサイズミーが上映されたことで、オーストラリアのマクドナルドの売り上げは急落したそうです。日本では、映画館を意図的に小さな映画館にして、マスメディアもとりあげませんでしたから、たいした騒ぎにはなりませんでした。渋谷でも公開されましたが、めちゃくちゃ小さな映画館で上映されていただけでした。


マックの店舗にいくと、マックを乗せた容器の下に、ことごとく、「カロリー表を計算して展示した」のが効を奏しましたのかもしれません。日本人は、そういうところは、まじめにチェックしますからかもしれません。つまり、カロリー表示をすべて公開することで、過剰なエネルギー摂取は、お客様の自己責任です、ということを、暗に、示唆したかっこうのサービス業に業態を変えたわけです。


幸い、大騒ぎにはならず、私がマックの責任医師として、マスメディアで会見する必要もなく、嵐は遠ざかったのを思い出しました。







マクドナルドは健康に悪いですか? - Quora

運動している肥満は悪くはない。

Quoraからの引用です。質問の投げ方も上手。回答も上手だと想います。


でも、ちらっと、「千代の富士」の姿が思い浮かんだりはしますが。。
「千代の富士」部屋の相撲取りさんからは、沢山、紹介患者がこられます。



脂肪のないボディービルダー体型の相撲取りがいないのはなぜですか? - Quora


 以下は、Quoraからの引用となります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆回答☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


弱くなるからです。


他の方も書かれているように体脂肪は体重の増加に貢献していますが、それだけではありません。


まず体脂肪がないと衝撃の吸収が難しくなります。打撃が直接筋肉、内臓を痛めます。相手の攻撃だけでなく、投げられて土俵に体を打ちつけてたらケガをします。ケガをしたら当然良い相撲はとれません。力士生命を短くしてしまうでしょう。


関節技の吸収、耐久性も落ちます。相撲にも関節技は多くあり、相手のまわしを取りながら肘を極めたりします。こうした技に耐えられません。脂肪で関節を保護したり、作用する点を皮膚と脂肪でずらすことができないせいです。


関節の可動域も狭くなる傾向にあります。十分なストレッチと訓練があれば可動域の維持はできるとは思いますが、筋肉量が邪魔をするのか、関節を十分に曲げられない・曲げると痛がります。


関節の構造は軟骨と滑液ですので、マッチョだから関節が固くなるわけではないと思うのですが、経験上、筋肉質の人ほど関節技がよく効き、大げさに痛がりました。


さらに、特に上半身に筋肉がついているような人は崩しに弱くなる傾向がありました。こちらが力を加えると、その力を逃がすことができず、全て受け止め反発して体に伝えてしまうようです。柔らかな餅を引っ張っても餅は伸びるだけですが、固くて重いブロックを引けば容易に倒れてくるような感覚です。一度崩れかかると筋肉の重みで自壊するように面白いように崩れました。


取り組みでは「打撃・関節技・崩し・投げ」を同時にやります。一つの技が打撃であり関節であり崩しです。それらの全てに対処する機能が落ちるのですから、脂肪が無い体型は弱点です。


脂肪が無いと風邪をひきやすくなり、治りにくくなるとも言います。体温調節と体力維持にバッファが無くなるので病気になりやすいわけです。健康だからこそ相撲という武術ができると考えると、適切な量の脂肪は力士として持っているべき財産であり資質であると思います。





3月30日午前外来、追加閉鎖させていただきました。

新型ウイルス:コロナウイルス感染症のパンデミック状況のため、来週月曜日3月30日、午前の、加藤まり先生の外来につきましては、現状、お申込みの方で、打ち止めにさせていただきました。


加藤まり先生は、小さなお子様がおりまして、その子供さんたちのケアで、外来診察が難しくなっているとのことです。この状態が何時まで継続するか、わかりませんが、代診として、鈴木吉彦医師(院長)が代診をさせていただきます。


月曜日午前のみの特典につきましては、そのままですので、ご心配いりません。
現在、お申込みの患者様は、そのままで、3月30日限定で、追加人数を削減させていただきます。


糖尿病外来も通院の方がたにも、ご迷惑をおかけするかしれませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。