GLP1.com: GLP1ダイエットプラクティス & Diabetisty

業界最高水準、業界最安値で良心的価格。乗換も同額。3本8万円。4本10万円。No1糖尿病専門医。Web診療。無料相談。慶応大学医学部卒。

GLP-1はもちろんのこと、糖尿病や内分泌代謝の治療を熟知した、糖尿病専門医が、肥満治療を実践します。

驚くほど高い米国の、GLP1製剤のプライス

糖尿病治療薬として定められている価格を調べました。


ビクトーザは、18mg、1本で、1044ドル。
サクセンダは、不明。糖尿病の治療薬ではないので。
=============================


トルリシティは、1.5mgでは、1本、10万円弱い。
今の日本の1本だと、5万円くらい。


===========================


ところが、ビクトーザは、エビデンスが多いので、もっと価格がたかくなり、
ビクトーザ1本で、11万円。
ビクトーザ3本だと、33万円。


ビクトーザ、つまり、リラグルチドには、心臓血管イベントを減らす。
サクセンダになると、体重を減らす。
などというさまざまなエビデンスがあります。


そして、アメリカでは、エビデンスが多い薬剤ほど、高い価格にしてよい、というルールになっています。ここが、日本人の国民保険制度における考え方と、大きく違う点です。


ビクトーザを、毎月、当院では、3本、8万円にしていますが、
アメリカの価格と、比較すると、-25万円、割引となります。
4本で10万円(税込)は、アメリカ人なら当院に買いに来てもおかしくない金額です。なので、今、GLP-1.dietというサイトを作り、英語版を作成しようと企画しています。


もし、当院で、GLP1ダイエットができれば、いかに、安くダイエットができるということになります。中国では、ビクトーザは、これから調べますが、もしかしたら、アメリカ並みだとしたら、日本の当院での、GLP1ダイエットは、世界での最安値、になります。


アメリカは、高い保険料を払えば、安くなる、という仕組みで、価格を決めているのは、保険会社が決めている可能性が高い。


日本は、保険会社が、日本国なので、安い設定ができます。アメリカは、真逆で、保険会社が、もうかる価格を決めれる国である、の点が異なります。



料金表 | GLP1ダイエットプラクティス
ここをクリックしてみてください。













胃排出速度が亢進している人ほど効果が出やすいはず

GLP1ダイエットは、本来、胃の排泄速度を遅くする作用機序を利用して、満腹感を強く感じるようなダイエット法です。
ですから、本来、胃の排泄速度が速い人ほど、GLP1ダイエットは効果を示しやすいという理屈になります。


===========================


私は、日本糖尿病学会雑誌「糖尿病」に原著20個、投稿し掲載されています。いずれも原著で、First Authorです。おそらくFirst Authorとしては、日本の唯一と考えます。


その中でも、


糖尿病性 胃症 に及ぼす糖 尿病性神経障害 と血糖 コン トロールの影響
鈴木 吉彦 松岡 健平. 糖尿病33(8):635~640、1990


は世界初で、軽症糖尿病患者では胃排泄速度が亢進している事を科学的に証明した論文となりました。でも個人差も、かなりあることがわかります。


GLP1は、胃排出速度を変える薬剤ですから、私は、こうした研究を日本で最初に行った臨床家でもあります。




豊富な臨床治験体験を、今後に活かしてます。

2006年から当院では、65件の新薬開発のための治験にたづさわってきました。ですから、新薬がどういうプロセスを経て、世の中に広まるのか、を、14年以上も、長く経過観察してきたという歴史があります。


65件の中の、多くはすでに発売されている糖尿病関連、あるいは、抗肥満関連の薬剤ばかりです。ですから開発当初から、各製剤の特徴、特に、各製剤ごとの、長所、欠点は、知り尽くしているつもりです。


思い出すのは、
抗肥満治療薬としては
リモナバン(欧州では80万人が服用し、抗肥満薬の代表格として、サノフィ社の期待の星だった製品です。あまりにダイエット中枢効果がでて、効きすぎたことで、数名の自殺者がでてしまい、発売中止になりました。これまでの抗肥満薬の中で最も惜しいと思った薬剤です。)
オブリーン(膵リパーゼ阻害剤のひとつ。ゼニカルと同じく、とても良薬でした。!。厚労省が認可せず、残念でした。)


ビクトーザ (開発当初から、ノボノルディスク社からは頼りにされていました。)
リキスミア (ビクトーザの経験から、治験としては難しくなかったほうです。)


DPP4阻害剤、各種。
特に、スイニーの治験は多く担当し、スイニー4錠まで増量すると、相当、強力なGLP1作動薬になりそうなパワーがあり、GLP-1受容体作動薬と匹敵するくらいの、良好なデータがでたように記憶しています。


DPP4阻害剤、メトフォルミン、との配合剤。
DPP4阻害剤とメトフォルミンとの合剤。メトフォルミンは、アメリカでは、オフラベルの抗肥満治療薬として認識されています。


SGLT2阻害剤、発売されている全製剤(日本で発売されている6剤。)
SGLT2阻害剤も、糖尿病では体重が減る薬剤です。その切れ味はすごすぎて、魔法の新薬と思いました。


他にも、ここでは記載できませんが、あと2,3年後には、発売されるだろう、厚労省の申請がおりるだろうという新薬の治験を手掛けております。ですから、今後、どういう方向性で、糖尿病治療、抗肥満治療が変化していくか、それを予想するのは得意になるわけなのです。


明らかに薬の知識や、理解度の深さは、ダイエットの専門家と自称しているだけの一部の医師たちとは、異なると思います。キャリアは十分につんでいる、プロフェッショナルプレイヤーだとお考えください。















先生、そろそろ太らしてください!。

先生、そろそろ太らしてください、とマジ言われました。


びっくり、、です。
ともかく、タンパク質を食べて、筋肉をつけて、ください。食事のエネルギー量は気にしないで。。とっさに出たのが、そういう言葉でした。医師としての理論的根拠は何もありません。


そういう時代が来ます。将来。


なので、肥満はコンプレックスでなくなるでしょう。肥満は治せる疾患になることでしょう。ダイエット専門、という美容外科医は不要になるでしょう。内科医が治せますから。


例えるなら、あたかも、H2ブロッカーが誕生した事で、内科医が簡単に、H2ブロッカーやPPIを処方し、その結果、胃潰瘍で胃をきる外科医が不要になった時のようになるでしょう。 従来、外科医の仕事だったことが、簡単に、内科医の仕事として、バトンタッチされる時代が到来するはずです。


痩せている事、自体が、美ではなくなるかもしれません。
女性の価値観も大きく変わりそうです。


製薬メーカーの競争、ますます、激化しそうです。ちなみに、以下のような議論がなされ始めました。もう、私のブログは、糖尿病医療および肥満医療の、最先端の流れを書いていることを証明してくれているような内容の論文です。ぜひ、お読みください。


Lancet. 2018 Jun 30;391(10140):2577-2578. doi: 10.1016/S0140-6736(18)30936-X. Epub 2018 Jun 23.
Agonism of receptors in the gut-pancreas axis in type 2 diabetes: are two better than one? Rayner CK1, Horowitz M2.





インクレチンとは?後編

糖尿病療養指導士ナースKです。
今回は「インクレチン」の解説のつづき、「GLP1」をお話しします。


GLP1とは、Glucagon-Like Peptide-1の略です。
グルカゴンと似たような構造をもつ ペプチドという化合物という意味です。


「GLP1受容体作動薬」とは、もともと糖尿病の治療薬です。
摂取した炭水化物の量などに迅速に対応して、食後血糖値の変動を一定に維持する精密な血糖制御機構です。


Q:内服薬ではなく、
なぜ注射薬なのでしょうか?
A:ペプチドなので、内服薬では消化器官で分解吸収されてしまうからです。


Q:GLP1受容体作動薬の特徴は何でしょう?
A:血液中の濃度を高くして、強い効果を期待するためです。


Q:どんな効果を認めるのでしょうか?
A:胃の排出速度を遅らせる効果で、満腹感が速く来て、空腹感が起こりにくくなります。結果として食事摂取量が減って、体重減少を認めます。


「GLP1受容体作動薬」は国内で数種類認可されていますが、臨床応用して抗肥満治療が認められるのは、リラグルチド(ビクト-ザ・サクセンダ)です。


当院では、ビクト-ザ・サクセンダを処方しています。


興味のある方、ぜひGLP1.dietをご覧ください。
GLP1サクセンダ・ダイエット:世界標準、日本初:HDC Atlas Clinic
https://www.glp1.diet/

]