GLP1.com: GLP1ダイエットプラクティス & Diabetisty

業界最高水準、業界最安値で良心的価格。乗換も同額。3本8万円。4本10万円。No1糖尿病専門医。Web診療。無料相談。慶応大学医学部卒。

GLP-1はもちろんのこと、糖尿病や内分泌代謝の治療を熟知した、糖尿病専門医が、肥満治療を実践します。

GLP1タキフィラキシー (4) again

ビクトーザ、つまり、リラグリチドでは、下図のように、2週間もすると、「悪心」という現象がひいていきます。


胃から小腸への食物へと排泄する速度が戻り、悪心、嘔吐が起こりにくくなることが、この図でわかります。これがGLP1タキフィらキーがある、という現象です。


これに対して、バイエッタは、いつまでの悪心が継続します。悪心の頻度は10%前後と変わりません。ビクトーザは、海外用量1.8mgを注射していても2,3週間後から、どんどんと悪心の事象が減っていくことがわかります。GLP1タキフィラキシーがあるからです。