GLP1.com: GLP1ダイエットプラクティス & Diabetisty

業界最高水準、業界最安値で良心的価格。乗換も同額。3本8万円。4本10万円。No1糖尿病専門医。Web診療。無料相談。慶応大学医学部卒。

GLP-1はもちろんのこと、糖尿病や内分泌代謝の治療を熟知した、糖尿病専門医が、肥満治療を実践します。

ビクトーザ0.6mgで痩せるはずがありません。

代表的なご質問があったので、SNSでも、お答えしていきます。


まず、ビクトーザを0.6mgで体重が減少するという科学的根拠はありません。食欲が普通にあるのも、当然です。サクセンダ1.8mgから2.4mgくらいの間で、約9割の参加者の皆さんが体重減少を体験されておられます(当院でのアンケート調査の結果では)。


今の美容系クリニックの事情は知りませんが、美容系クリニックの医師から、リラグルチド0.6mgで体重が減少するというコミットがあったとしたら、それは科学的根拠がないコミットメントと言わざるを得ません。0.6mgであれば、ちょこっと食欲が低下するくらいの程度でしょう。


原著の医学雑誌、N Eng J MedにあるGLP1ダイエットでは、あくまで、リラグルチド3.0mgを注射していて、約9割の対象者が体重が減ることが示されているダイエットです。


もし、今、美容系クリニックを受診されて、0.6mgでも痩せられると言われたのであれば、それは科学的根拠がある医療サービスではない、とお考えください。ぜひ、美容系クリニックの予約を終了されなくても、乗り換えをおすすめします。


上記のような類似のご質問が増えてきたので、Blog,Twitter、インスタでもお答えしておきます。代表的な質問には、お答えするという趣旨でSNSを利用していますので。


わからないことがあれば、専属ナース岩淵に、お電話ください。


リラグルチド0.6mgで痩せないから、といってGLP1ダイエットを断念する必要は全くありません。そんな美容系クリニックの医師に翻弄されているほうが、時間とお金の無駄だと考えます。悩まないでください。

PS.


なお、ビクトーザ0.6mgも、サクセンダ0.6mgも、同じリラグルチド0.6mgです。なので、サクセンダ0.6mgで痩せる、と言われたら、それも信用しないようにしてください。